イメージ画像
「flamme」は、「炎」「目の輝き」「情熱」などの意、土と炎の芸術の場であり、会員の皆さまの情熱を一心に受け止めつ場、という意味を込めてつけました。

コース・料金

陶芸の流れ

陶芸作品集

よくある質問

NEWS

pickup

「第31回作品展のご案内」

今年も作品展の季節がやってきました。

毎年、個性的な作品が多いとの評価をいただいていおります作品展も第31回を迎えることができました。

会員の皆さんの技量も年々上がっており、個展を開催する方も多くおられ、また越谷市美術展、さいたま市美術展でそれぞれ市長賞を獲得した方がおられたり、直近では東日本伝統工芸展に入選した方もおられます。

開講当初より、通いやすい、作りやすいをコンセプトに続けてきた成果の表れであると考えています。

作品展の日程は下記の通りです。

ぜひご高覧ください。

作品展①   作品展の様子

作品展②

 

 

日時;5月18日(金)〜20日(日) 10:30〜17:00 (最終日は15:00終了)

場所;埼玉会館 第二展示室

 

 

「自作の鉢に桜を植えて盆栽を作る」

昨年、定員を超えての受講生があった人気の桜盆栽を作ります。

桜は、昨年と同じたくさんの花で幹が見えなくなるほどの旭山桜です。

隣の浦和カウンセリング研究所で丸いテーブルを囲んで行います。

今回は、定員15名に設定しました。

用意できる苗の数の都合上、15名になり次第締め切りますので、ご希望の方はお早めにお申し込みください。

費用は、苗代として1,500円です。

鉢の用意(300円程度)もありますが、なるべく自作の盆栽鉢をご用意いただけると、よりオリジナルな盆栽が作れます。

皆様のご参加、お待ちしています。

 

ミニ盆栽 桜 のコピー.jpg

 

第30回作品展開催!

陶芸教室「Salon de flamme」は、開講30周年を迎えました。

5月19日(金)〜21日(日)第30回作品展を埼玉会館で展示室で開催します。

30周年を記念して、会員の皆さんとスタッフの作品の他、当教室で陶芸を始めて今では笠間の人気作家の一人になった大崎透さんの陶の動物や濱田庄司、松井康成、北大路魯山人、河井寛次郎の作品なども展示します。

ぜひご高覧ください。

大崎透作品展点維持 濱田、魯山人、松井、河井
 大崎透さんの作品              濱田庄司(左) 北大路魯山人(手前) 河井寛次郎(奥) 松井康成(右)の作品

作品展搬入① 作品展搬入②

 

shine水崎 敦さん  さいたま市展 市長賞受賞されましたshine

SLが乗った土鍋  SLが乗った土鍋

もしや?その通り、湯気がでますnote 使って楽しいお鍋です。以前、湯気がでている姿をワガママ言って見せていただきましたbleah  クオリティーの高さは、折り紙付き★

おめでとうございますbell 

 

 

新座の平林寺前「手のべうどん たけ山」さんへのリンクを追加しました。

当教室スタッフの村越正承の食器を使っている新座の平林寺前「手のべうどん たけ山」さんへのリンクを追加しました。

 

第29回陶芸作品展、多くの方にお越し頂き無事終了いたしました。

ありがとうございました!!

第29回合同陶芸展受付 第29回合同陶芸展6/4  第29回合同陶芸展6/4②

2016年6月3日~5日 さいたま市民文化センター展示室にて。

今年も力作が勢揃いしました。初心者から上級者まで、個性溢れる作品で会場は盛りあがりました。

お忙しい中お越し頂きました皆様、ありがとうございました。

ブログ

絵具和紙染め湯吞の画像
涼しげな湯吞み。内側に 絵の具和紙染めで絵付けをされています。   外側は、黄瀬戸釉。  うっすら紫が綺麗です とても涼し気なお湯吞みですね。Kさん、前回は絵の具の発色が薄かったそ ...
三体のマトリョーシカの画像
いつもは赤や青の絵の具でカラフルなマトリョーシカですが、今回は呉須で落ち着いた仕上がりになりました。 後ろ姿もかわいいです。 記:m.morita  
「たこといか」カップ の画像
カップに 「たこといか」 を描いた大胆な作品。      難しい構成を さらさら描いてしまうS藤さん。いかの発色とたこの滑らかな足に 私はメロメロです 平な受け皿と、木のスプーン、 ...
黄瀬戸釉薬(マット)還元焼成 四角盛皿の画像
 昨日、還元の作品が上がってきました。 とても素敵に上がってきたのに、ご本人はお休み中なので、UPさせていただきました 呉須の絵付けも書き落としも、白化粧の縁取り具合も・・・完成 ...