ホーム>今日も一日陶芸三昧>日記・コラム・つぶやき>土鍋で炊くご飯
日記・コラム・つぶやき

土鍋で炊くご飯

最近、土鍋炊きのご飯が流行ってますね。

先日、旅館に泊まったら、会席料理だったんですけど、ご飯は土鍋で出てきて、

「ここで炊きます。20分ほどで炊きあがりますから」

と言われました。

固形燃料や卓上用のガスコンロができたおかげで、様々なことができるようになりました。

私は、アルコールを飲まないので、食事の初めからご飯がないと嫌な方。

これにはちょっと困って、

「すみません、先にご飯をおひつでもらっていいですか」

もちろん、土鍋で炊いたご飯も食べましたが、その前におひつにもらったご飯も食べちゃいました。

土鍋で炊いたご飯て本当に美味しいですよね。

ついつい食べ過ぎちゃいます。

ここのところ、教室でも炊飯用の土鍋作りが盛んです。

炊飯用の土鍋というのは、口辺にちょっとしたコツがあります。

ご飯を炊いてると、吹きこぼれますよね。

普通の土鍋のように作ったのでは、外に回ってしまって、火が消えたり、ガス台を汚すことになってしまいます。

口辺をほんのちょっとだけ内側に丸めることで、外に吹きこぼれず内側に落ちるので、吹きこぼれが防げます。

もちろん、デザインの問題もあるので、必ず丸めなければならないということでもありませんが、吹きこぼれて困っている方は、ちょっと試してみてください。

昔のアルミ(?)の炊飯鍋ってそうなっていましたよね。

年配の方は、ご存じですよね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.salon-de-flamme.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/69

コメントする