ホーム>今日も一日陶芸三昧>文化・芸術>そろそろ暖房の季節
文化・芸術

そろそろ暖房の季節

ちょっとずつ冬が近づいてきました。

寒くなると外が乾燥してる上、暖房を使うので、どうしても作品の乾燥も早くなります。

うちの陶芸教室では、棚にロールスクリーンをつけて、できるだけ急速な乾燥を避けるようにしています。

これがその自慢の乾燥棚です。

Cimg0095

それでも急な乾燥によるひびは、なかなか防ぎにくいものです。

大物の場合は、できるだけ慎重に、乾燥しにくいところに置く場合でも、新聞紙をかけるとか、場合によってはサランラップで乾きやすいところを包むくらいの配慮が必要ですね。

特に種類の違う粘土を何種類か重ねて利用する場合などは、土の収縮率が違うので、ひびが入りやすくなります。

そういった場合は、特に注意です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.salon-de-flamme.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/71

コメントする