ホーム>今日も一日陶芸三昧>2009年7月

2009年7月

今日の茶碗会

風があるのでいくらか過ごしやすい日です。ただ少し歩くとどっと汗がでてきます。

今日は午前中に、お茶碗会がありました。

Dsc_0302s 〈米山嘉江さん 作〉伝統的な天目茶碗。

Dsc_0298s 〈米山嘉江さん 作〉釉が重なって流れた所が渋く、良い景色です。

Dsc_0299s〈米山嘉江さん 作〉小ぶりですが手に収まりが良い形です。白い釉薬がぽってりと掛かっています。

Dsc_0301s 〈平野雪子さん 作〉 夏らしい涼しげな色合いです。お抹茶の色合いととても合っていました。

Dsc_0303s 〈平山雪子さん 作〉わら灰がかかったお茶碗。

Dsc_0305s 〈藤原さん 作〉鮮やかな冨士の景色が真っ白なお茶碗に栄えています。

今回も素敵なお茶碗が出揃いました。

クーラーが効いて居心地の良い教室でのお茶会は最高のひとときでした。

記:y.ogawa

夏の装い

先日還元で焚いた作品たちが焼き上がりました!

今回は夏らしい涼しげな作品が多く見受けられました。

017

018

016

020

019

冷たいものが美味しい季節になりましたね[E:pisces]

記:y.ogawa

夏到来!

昨日、梅雨明けが発表されました。

あ~ようやく梅雨のジメジメ、カビから開放されますね。

そして今日はまさに真夏日和といった感じです[E:sun][E:sun]

皆さん夏のご予定はもうお決まりでしょうか?

暑さのせいか、皆さんお出かけでしょうか、今日の教室は10人弱といつもより少ないようです。

今年の夏は、外の日差しを浴びながら涼しい教室でゆっくり

秋の穴窯用の作品を作るのもいいですね。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

記:y.ogawa

穴窯焼成、盆栽講座受付中!

今年も穴窯の季節(?)がやってきました。

いえいえ、焼成はまだまだ先です。

今年の穴窯焼成は、11月19日から23日を予定しています。

そこから逆算すると、窯詰めは遅くとも11月14日。

一度にすべての作品を運びきれないので、運搬に1週間見たとすると、素焼きの上がりがぎりぎりで10月末には上がっていて欲しいので、作品の大きさから考えて、作陶の最終期限が9月半ば頃。

というわけで、もう穴窯の季節なんですねえ。

現在、申し込み受付中です。

前回お申し込みにならなかった方、また前回の焼成以降にご入会になった方、ふるってご参加を!

スペースに限りがあります。

うまり次第締め切りますので、参加ご希望の方は、早めにお申し込みくださいね。

9月26日(土)、盆栽講座を開くことになりました。

ご自身の作った盆栽鉢に、思い思いの木や草を植え込むという企画です。

2009071215240001

講師は、安行造園株式会社、グリーンアドバイザーの齊藤奈美子先生です。

すべて(実用新案の四季彩マット、草、木、土、講師料)込み込みで、3,000円(不足分は当教室で負担します)という破格の企画です。

定員10名限定ですので、こちらも参加ご希望の方はお早めに。

残りわずかになりました。

新作!!焼き上がりました。

Cimg0195

Cimg0193

Cimg0187_2

Cimg0191_2

Cimg0183_2

Cimg0186_2

Cimg0188

今日の夕方、酸化の作品が焼き上がってきました!

自分の作品が窯から出てくる時、

思いがけず嬉しかったり、がっかりしたり・・・

次はこうしよう!と新しい想いが生まれます。

これだから陶芸はやめられないのですね。

記:y.ogawa