ホーム>今日も一日陶芸三昧>2009年12月

2009年12月

今日まで!

今日で教室はおしまいです。

今年も1年お世話になりました。

スタッフ一同心よりお礼申し上げますm(_ _)m

ありがとうございました。

今ごろの時間はにぎやかになってくる時間なのに、今日の教室は3名です。

(´・ω・`)

新しい年に向け、お掃除や準備で皆さんお忙しいのでしょうね。

じっくりと年を噛みしめている方もいらっしゃるでしょうか。

教室は、来年1月4日(月)からです!来年も宜しくお願い致します。

皆さま、良いお年をお迎え下さいませ[E:fuji]

記:y.ogawa

穴窯焼成大成功!

Dsc_0896_e

Dsc_0882_d

先日穴窯の窯出しをしてきました!

Dsc_0944_b

Dsc_0948_c

Dsc_0983_2 Dsc_0994_a

蓋をあけて、「お~!」という歓声。

灰が良くかかっています。たっぷりビードロ釉です。

2列目、これも「お~!」と3列目も「お~いいね!」と。。

4列目も「まあまあいいね!」と少し温度が低かったのか、釉が溶けきってないものもありましたが。

今回は全体に灰がかかっていて、どれもこれも良い出来だったのではないでしょうか(o^-^o)

窯出しのお手伝いの皆さんお疲れ様でした!ありがとうございました。

教室では只今、スライドショーを流しています。

ギャラリーでは1月上旬まで穴窯作品展開催します!

是非皆さんおたのしみに~

記:y.ogawa

寅たち

今日は一段と寒いですね。

皆さん「寒~い」と肩をすごめて教室に入ってきます。

穴窯の窯焚きは昨日で終わりました。

大関先生、お手伝いの皆さん穴窯お疲れ様でした!

笠間の山の中はさぞかし寒かったでしょう[E:bearing]

さて教室の方は来年の干支、寅の置物があちらこちらにみられます。

Img_2045

Img_2047

Img_2064

Img_2066

Img_2068

教室でみつけた寅たちはどれも愛嬌があり、かわいらしいものばかりでした。

記:y.ogawa

笠間から

穴窯焼成も一昨日の午後、火を入れて、丸二日が経ちました。
今、窯の温度はちょうど1000℃。
これからが正念場です。
徹夜も三日目、さっきちょっとうとうとしてしまって、40℃温度が下がってしまいました。
それまでの二時間がたった15分ほどの居眠りでぱー[E:weep]
ちょっとショックでした。
気を引き締めて、また頑張ります。

今日のお茶会

今日は今年最後のお茶碗会。

Img_2069

Img_2070

今日も良い茶碗が集まりました。

Img_2072 岸野さん作 たっぷり、どっしりとした良い形のお茶碗です。

Img_2073 茅沼さん作 花の絵がかわいらしい。鮫肌のグレー色も抹茶と良く合っていました。

Img_2077 藤原さん作 これも良い形の平茶碗です。ポイントで入った、赤とブルーの釉薬がまた素敵でした。

お茶碗会も回数を重ねる度に、参加者も増え話も深くなってきました。

使い易さ、抹茶との色との兼ね合いなどお茶の世界は奥が深くて勉強になります。

皆さんも是非ご自分のお茶碗をお持ち下さい!

今日から穴窯を焚きはじめています。今ごろ大関先生は炎と戦っている頃でしょうか。頑張ってくださーい[E:rock]

記:y.ogawa

年末年始の教室

こんにちは。

だいぶ冬らしく、寒くなってきましたね[E:snow]

今日は、人数が少ないせいか教室の中も少々ひやっとしています。

皆さん、やはり師走はお忙しいのかな~

今年もあと半月でおしまいです。

今年の教室は、12月28日(月)まで。年始は1月4日(月)より開始致します。※12月29日(火)~1月3日(日)までお休み

よろしくお願い致します!

記:y.ogawa

教室の中のクリスマス

Img_2042

教室には、こんなかわいらしい器が並んでいました。

彩りもにぎやかで、こんな器が食卓に出てきたら楽しいですね。

バックにはクリスマスの音楽も流れています。

暗いニュースが多いこの頃ですが、

それでもクリスマスを祝えるこの国は幸せですね[E:xmas]

記:ogawa

冬支度

昨日、窯があがってきました。

外は12月にしてはまだ温かく過ごしやすい日が続きますが、

作品には冬らしさを感じます。

温かい鍋料理に、お正月用にと器も冬にちょうど良いものが出来上がっていました。

Img_2049 中村有美子さん作 40cm位ある大皿。お正月に様々なお料理を少しづつ盛りつけるのに良いですね。葉脈が綺麗にでていて、織部もとても良い色です。

Img_2051 奈良さん作 こちらの織部は濃くてしっかり色が付いています。シャープで綺麗な花型の中皿。

Img_2057 花器でしょうか。穴から鳥が顔を出しそうです。

Img_2060 村取さん作 黒と白の色がとてもモダンでかっこいい土鍋です。

Img_2059 煮物が合いそうな中鉢です。これもおもしろい色がでていますね。

Img_2062 小田切さん作 岩肌のようななんとも格好良い花器。力強い作品です。

Img_2050 宇佐見さん作 これも力強い作品です。土の表情と織部の流れた雰囲気がとても合っています。

Img_2053 夜空にともす明かりの様に、葉の模様が浮き出ています。妖艶な雰囲気ですが、冬らしいさを感じる器です。

記:y.ogawa