ホーム>今日も一日陶芸三昧>2010年4月

2010年4月

追い上げ がんばってます!

[E:bearing] いよいよ 迫ってきました 作品展[E:sign03]

 [E:one]サロン・ドゥ・フラム  [E:two]東川口陶芸教室   [E:three]戸田公園<陶芸広場>

合同作品展の為、教室では 見たことも無いような作品が見られるかも[E:flair]

埼玉会館 展示室  にて /  5月14日(金)~ 16日(日)

  ゴールデンウィーク中も  村越先生ががんばって 皆さんの為に 窯焚きしてくれます。 せんせい ご苦労様です[E:bearing][E:sweat01]   

 残り 後わずか… みなさん がんばって[E:rock]

思い通りの作品ができるとよいですね[E:notes]  Img_2090  応援してますよ[E:wink]

  今回は、新人のタカハシは[E:happy01]お気楽見学人   楽しみにしてま~す[E:scissors]

記:takahashi

リクエストにお応えいたしまして。

 リクエストがございましたので、今回は、 作品・商品の事前処理について。

底を綺麗にした後(底のざらつきを取った後)、初めて使う前に 土物作品は、[E:downwardleft]

Img_2083_2

煮沸をします。[E:spa] 米のとぎ汁ですると、更に臭いや汚れを防ぎ、水漏れ防止に効果があります。[E:good]

 ※土鍋は、最初におかゆを炊くと ひび割れ防止に良いそうです[E:notes]

 皿や盛り鉢は、盛る前にしばらく水に浸してから使うと 汚れにくいです。

又、備前焼などの焼き締めは すすいだ後に熱湯にくぐらせるとカビの予防になります。

洗った後は、裏にして良く乾かしてくださいね[E:sun]

(おまけ [E:ng]金彩・銀彩・色絵は、漂白剤厳禁です[E:ng]   銀彩の黒ずみは、市販の銀磨き用クロスで[E:shine])

 漂白出来ない物には、水に重曹を入れて 一晩浸けておきましょう[E:moon3]

臭いが気になるときにもどうぞ[E:good]

 こんな感じで よろしいでしょうか?[E:coldsweats01]

  気になることや聞きたいこと、調べて欲しいことなどありましたら

リクエストしてください[E:paper]  お待ちしてます[E:happy01][E:heart04]

 記:takahashi

アザラシからの視線

棚の前を通ると、なんだか熱い視線を感じる。。。!!

と思いきやアザラシ数匹がこちらを向いて並んでいました。

焼成を待つかわいいアザラシでした( ^ω^ )

Img_2078

記:y.ogawa

窯(酸化炎焼成と還元炎焼成)焼成の違い

 今回ご紹介するのは、窯の焼成方法についてです。

陶芸は、素焼きの後に釉薬、 ‘うわぐすり’をかけ、本焼き焼成します。

その本焼きの焚き方は、酸化炎焼成と還元炎焼成の2種類あります。 

酸化炎焼成は、酸素を取り込んで焚く方法。

還元炎焼成は、反対に酸素を排除していく方法です。

    

ちょっと見にくくて すいません。[E:sweat01]

こちらは、酸化炎焼成したピースです。 [E:upwardright]Img_2080_2

こちらは、還元炎焼成  [E:downwardright]

Img_2079_3

左上) 鉄釉   右上)藁灰  

 左下) 透明釉  右下)織部釉

並こし粘土使用。 使う粘土釉薬によって違いがありますが、

アバウトに説明しますと、酸化炎焼成の方が柔らかく暖かみがある感じ。

還元炎焼成は、凜とした感じ。染め付けなんかは、還元炎焼成です。

これでわかるかなぁ~?[E:smile]

記:takahasi

今日は陶芸教室23歳の誕生日!

4月17日は、当教室の創業の日。

23年前の4月17日、南浦和駅西口まるひろ百貨店の北側にある第一セイコービル3階で、南浦和陶芸教室として、オープンしました。

その後、南浦和東口に移転、さらに現在のエイペックスタワー浦和に移転し、現在を迎えています。

はや23年。

長年の皆さんのご愛顧に感謝です。

これからもよろしくお願いいたします。

今日も、寒いですね

Img_2075   今日も、寒いですねぇ[E:rain] 

 さいたま市でも 雪がちらつくかもしれないらしいですよ[E:snow]

私の家族は、まんまと風邪をひいてしまい みんなで鼻声です[E:sweat02]

こんなに寒いと お鍋が恋しくなりますね。

 このお鍋、生徒さんの作品です。見ていたら、ますますお鍋が恋しくなってきました。

今夜は、鍋料理に決定!![E:happy01]

 お鍋の素焼き(釉掛け前)もありました。

陶芸って、作っておしまいじゃあないんですねぇ[E:coldsweats01] 

素焼きをし、釉薬という物を掛けて また 焼くんです[E:annoy]

Img_2076 こちらが 素焼きの状態です。

可愛い 子ブタさんいろ[E:heart04]

こちらの鍋は 何色に焼き上がってくるのか 楽しみですね[E:note]

まあ やってみると 結構手間が掛かるもんなんですよ[E:clock]

 今日は、お鍋をご紹介してみました[E:paper]

記:takahasi

春の陶壁見学

先日人間国宝、藤原雄さんの陶壁を観に明星大学へ行って来ました。

Fさんの声掛けで集まったのは、総勢15名!

Cp4091561

晴天に恵まれた青梅は桜満開、フラム春の遠足となりました。

備前焼の陶壁も予想以上に大きく、冨士に東京タワー、満天の星と・・・

夢が膨らみ、学生たちの背中を押すような力強さがありました。

4cp4091603 2cp4091605

大きい中で陶器一つ一つに表情がありました。

帰りは、川合玉堂美術館によりました。

こちらも最高の景色[E:cherryblossom]

思い出に残る良い一日となりました。

ご案内下さったH先生、明星大学のKさん、そしてフラムのFさん本当にありがとうございました!

記:y.ogawa

Img_2074_4  

  今年は、暖かい(ていうか暑い)日も[E:sun] あるかと思いきや、寒い日もあっ     て…[E:typhoon]

何だか体がついていかないですよね[E:sweat02]

とはいっても春です[E:cherryblossom] 家の中でも春を満喫しませんか?[E:diamond]

食卓に、玄関に…  自分で作ったお皿やコップ、花器に旬の花で季節を感じませんか? 

もちろん 当教室で、陶芸体験できますよ。[E:good]

[E:good][E:good]

オカメとカメ

Img_2064Img_2065Img_2063

オカメインコと亀の絵付けがされたスープカップ発見!

愛らしいイラストが描かれていて思わず微笑んでしまいます。

そして作った方は、なんとこれが初作品と聞いてまたびっくり!

今後が楽しみですね。

ちなみに家でもオカメインコ飼っていますよ。

Fg03_11_14 まちこといいます。

記:y.ogawa

新しくスタッフに加わりました高橋です!

Img_2071

どうも...新しく 入りました たかはしです。[E:paper]

しばらく お休みしていた陶芸に関われて幸せ[E:happy02]

皆さんと一緒に土にまみれ、お茶をいただき[E:japanesetea] 美味しい物もいただきながら お仕事がんばります。[E:pig] 気をつけま~す[E:sweat01]

 どうぞ よろしくお願いします[E:shadow]

記:高橋