ホーム>今日も一日陶芸三昧>2014年1月

2014年1月

寒い日には、温かいコーヒーを・・・

201412713361.JPG

寒い冬が戻って参りましたsnow

 

手描きのラインがなんとも素敵なマグカップ。

こんな日は、温かい飲み物が一番です!

 

今週は、寒暖の差が激しいようです。風邪などにお気をつけ下さい!

 

記:y.ogawa

 

 

 

<兜>

お雛様も華やかで良いですが、渋い兜も又良いです。

こちらの様に、鎌倉を作るようにして、その後顔の部分を切り開いていきます。

丁度、こちら(画像:お孫さんに作られている所)会員さま制作中。2014124164428.JPG

鉄っぽさを出したいということで、粘土にこま赤を使っています。

こま赤粘土でなくても、素焼き後に弁柄を濃いめに塗ってもいけます!

お孫さん、(主にはママかな?)に気に入って頂けると嬉しいですね。

 焼き上がりが楽しみですnote

記:takahashi.

 

 

焼きしめ植木鉢

201412211536.JPG

お庭に置く植木鉢を作ったMさん!植木鉢も色々と売っていますが、やっぱり手作りは違いますね。

くるんと丸まった縁がまたおしゃれですbud

何を植えるのかな~

 

記:y.ogawa

斬新な器

2014120134331.JPG

おおー!と目を引く器。形も釉薬の掛け方にも勢いを感じますeyehappy02

 

記:y.ogawa

来月2月のお休みは。

来月2月のお休みは、11(火)

火曜休みは、久しぶりですね。お間違えのない樣に。

 

※今年初の還元焼成は、23(木)です。

記:takahashi.

 

初窯!

先週、今年最初の窯焚きがありました。酸化焼成で焼かれた作品たちがフラムに届きました!

 

201411515143.JPG格好良い花瓶です。

2014115153340.JPG卵のようなかわいらしい蓋ものです。ピタりと合う蓋がまたすばらしい!

2014115153510.JPGたたら板で筋を付けたそうです。織部もとてもきれいです。

2014115153638.JPG和紙染めの湯飲み。ほんわかして、とても美しい作品!作者は男性です!

201411515399.JPGこちらも織部の作品ですが、薄掛け。きれいな色合いですね。

2014115154148.JPGすてきなカップ!形も使いやすそうです。これでコーヒーを飲みたいな~!

 

初窯らしく、すばらしい作品の数々が焼き上がりましたfuji

今年も無事窯が焚けると良いですね。

 

記:y.ogawa

 

 

 

 

明けましておめでとうございます!

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

20141613828.JPG

素焼きの馬が沢山出来ております!

 

今年も皆さんと楽しく陶芸ができますようにfuji

 

記:y.ogawa

初夢

4日(土)より平常通り開講しています。

新年そうそうお越しいただいた会員の皆さん、ありがとうございました。

さて、皆さんは「初夢」を見ましたか?

「初夢」というのは、元旦の夜から2日の朝にかけて見る夢というのが一般的ですが、

Wikipedia によると、

「文献での初夢の初出は、鎌倉時代の『山家集』である。そこでは、暦上の新年とは無関係に、節分から立春の夜に見る夢を初夢としている。この時代は、初夢に限らず、立春を新年の始まりと考えることが多かった。

そ の後、暦上の元日を新年の始まりと考えるようになったが、単純に、大晦日から元日の夜に見る夢が必ずしも初夢とはならず、江戸時代には「大晦日から元日」 「元日から2日」「2日から3日」の3つの説が現れた。「元日から2日」は、大晦日から元日にかけての夜は眠らない風習ができたことが理由とされる。「2 日から3日」の由来ははっきりしないが、書初め初商いなど多くの新年の行事が2日に行われるようになったのに影響されたためとも言われる。

江戸時代後期には「2日から3日」が主流となったが、明治の改暦後は、「元日から2日」とする人が多くなった。」

なんだそうです。

知らなかった… (^_^;)

皆さんはいい夢が見られましたか?

私は残念ながら全然夢を見てません。

いい夢は、「一富士二鷹三茄子」なんて言われますがいかがでしたか?

現代では「一富士二鷹三茄子」というのはどうなのかな?

「一富士」はまだいいとしても、あとがちょっと…

ん~ 「一富士二飛行機三フォアグラ」なんていうのはどうかな?

ちょっと語呂が悪いですね (*´∀`*)