ホーム>今日も一日陶芸三昧>2017年2月

2017年2月

かぼちゃのランプ

かぼちゃのランプ このかぼちゃの

かぼちゃのランプ2 口の中にランプを入れて・・・、

かぼちゃのランプ3 暗いところで見ると、こんな感じです。ハロウィーンが待ち遠しくなります。

記:m.morita

 

フライパンもどき?

土のフライパン3土のフライパン

土鍋の土で、直火にかけられるお鍋ができあがっていました。

真っ黒の釉薬なので、目玉焼きを焼いても とっても見栄えがよさそうですhappy02

そのままお皿としても使えるので、便利ですね。

記:m.morita

 

 

 

 

色土サンプル施釉薬(掛け分け)

以前ご紹介した色土のサンプル。素焼きがあがってきましたshine

色土のサンプル  色土のサンプルを施釉します。

透明釉薬と乳白釉薬 透明と乳白の掛け分け(左と右)

顔料入り土は、基本OF(酸化焼成)。

さてさて、どんな色になるのやら。

記:takahashi.

 

ラテックス

先週ご紹介しましたスペーターの他に、ゴムのりの<ラテックス>という物があります。

こちらも撥水します。例えば、「全体を黒くし、一部丸く釉抜きをして、絵を描きたい」と、いった場合に用います。

ラテックスの使い方 ←例えばこんな作品

丸くラテックスを塗って、乾いたら釉薬を掛け、ラテックスを剥がし、絵付けご透明釉を吹き付ける。と、いう使い方です。

使う前に必ず、筆に食器洗剤又は石けんをよく馴染ませます。

ラテックス 

ラテックスの使い方

ラテックス用の筆は、左入れ物に入っています。右2つがラテックス。入れ物に小分けして使います。使用後は、余ったラテックスは、容器に。小分けの容器と筆を拭き取り、洗剤で洗ってください。

きちんと使用しないと、すぐに筆が使えなくなってしまいます。

スペーターとラテックス、上手に使ってくださいねhappy01

記:takahashi.

 

 

盆栽もいいですね

昨日、陶芸教室のお隣にある カウンセリング教室で、ミニ盆栽を作る講座が行われました。陶芸の生徒さんも、数人参加されたそうで、そのお一人から作品を見せて頂きましたdiamond

姫リンゴ盆栽姫リンゴ盆栽2

津軽の姫リンゴだそうです。幹が太くて立派ですね。高さは,鉢を入れて25㎝位です。

もちろん鉢は、自作の物です。

記:m.morita

 

 

スペーター

教室にあるスペーターは、2種類です。

スペーター (左)青スペーター (右)赤スペーター

スペーターは、撥水剤の事です。2種類揃えてありますので、上手に使い分けしてください。

まず、左の「青スペーター」は、素焼き、素焼きどちらでも使えます。

さらさらしている為、細かい部分の撥水に適しています。ただ、タレ易いので注意が必要です。スペーターに慣れている方には使い勝手が良い。

使用した筆、容器は、テッシュで良く拭き取ります。

赤スペーター」は、素焼きのみ使用出来ます。高台や板皿など撥水部が多い時に適しています。とろみがあるので、タレにくく、スペーター初心者にはこちらをおすすめします。

赤スペーターの筆洗い 赤スペーター専用筆洗い(灯油)

赤スペーターの筆洗いは、こちらのペットボトル(灯油)でお願いします。青は使用不可!

洗った後は、テッシュで拭き取ります。

筆も赤、青分けての使用をおねがいします。

※ラテックスは、ゴムのりの事。

こちらは、次回~

記:takahashi.

 

 

 

初めての釉薬掛け

初めての釉薬

いつもお二人で仲良くいらっしゃるご夫婦です。今日は、初日に作った作品が素焼きになっていたので、釉薬を掛けていました。

初めての釉薬2

鉢には織部を、お人形には乳白を掛けました。酸化の窯は、3月の頭になりそうですが、しばらくお待ち下さい。

記:m.morita

 

「色土で遊ぶ」・・・簡単たたら作り(クレイガン)

前回に続き、色土で簡単たたら作り。今回は、<クレイガンバージョン>です。

クレイガンは、注射器のような物です。

小指太くらいの粘土紐を中に入れ、ブニ~っと後ろから押します。すると、ところてんの様に同じ太さの粘土が出てくる!という便利アイテムですshine 

色土で遊ぶ たたら作りクレイガン 柔らかめの粘土を入れます。

※細紐、六角、半月、板、等々パーツがあります。

本体をたたらで作り、その上に色土を貼りたい所に針(又は鉛筆)で軽く彫ります。

その上に、クレイガンで出した色土をのせます。

色土で遊ぶ たたら作りクレイガン 成形 のせた紐は、端からやさしく押さえていきます。

※本体が硬い場合は、針で跡をつけた後、水分を含ませた筆でなぞってから、色土をのせてください、。硬さが違うと、簡単に外れてしまいます。

乾燥は、新聞にくるんでね!

いかかでしたか?案外簡単でしょ?

前回も今回も使用した色土は、1色50gづつと小量です。お値段もリーズナブルhappy01

1番気を付けるのは、量り間違えない事!軽量なので、小皿にのせて量ると誤差が生じ難いですbleah


明日 2/11(土)は 休みです。

記:takahashi.

 

 

「色土で遊ぶ」・・・簡単たたら作り

「色土は、ハードルが高い。」なんて、うっそでーす!

「練り込み」は手間がかかりますが、色土を一部ポイントに使うだけでも、良いですよwink

まぁ、私の説明で伝わるかどうか疑問ではありますが、実に簡単ですので、チャレンジして下さい。

①顔料を溶きます。好みや色によって、濃さは変わります。3~5%くらいかな?(青は発色が良いです)   例/土100g:顔料3g

顔料を溶く 小量の水で良く溶きます。(その前に、乳鉢で擦るとさらに良い)

②粘土に溶いた顔料を混ぜる。パサついてまとまりにくい時は、水を足します。

色粘土を作る ラップを敷いて混ぜると楽です。

③1ミリに伸した色土を型抜きします。ぺらぺらなので、優しく扱ってあげてください(笑)

色土型ぬき 

④型抜きした色土をベースになる粘土に配置します。例/ベース:並こし タタラ5ミリ

 色土 型抜き 色土 配置する

⑤色土を配置終わったら、麺打棒でベースとならしていきます。例/たたら5ミリ

色土 ならす 色土のパーツごとに、真ん中から前、真ん中から後とならしていきます。

後は、石膏型に乗せるなどで作品成形します。簡単だったでしょ?

次回、クレイガンバージョンをご紹介します。

記:takahashi.

 

陶ひな人形焼き上がりました!

先月出張体験で制作した、陶ひな人形が焼き上がりました!

陶ひな人形焼き上がり

shine4組のお雛さまshine もげる事なく、無事に焼けて一安心。

フラムまで持って帰って来るのが、大変でした。喜んでいただけると嬉しいなconfident

1㎏で制作できるなら、自分用でも良いでしょ?焼締めのお雛、素朴で良いですねnote

記:takahashi.