ホーム>今日も一日陶芸三昧>2019年6月

2019年6月

キラキラきれい

金属製の持ち手

WさんとHさん、お友達の金工作家さんの工房にお邪魔して

教わりながら、ポットの取っ手を作らせてもらったそうですhappy01

切って、叩いて、曲げて…苦労の甲斐あって、カッコイイのが出来ましたgood

華奢に見えますが、見た目よりガッチリした手応えです。

 

記:むらこし

 

 

陶板と、本日の子カラス

I山さんの陶板shine五重塔の陶板

水彩画タッチでキレイに額にも納まりました?(惜しい、四方3ミリ小さかった)

サイズは、粘土によっても収縮率が違いますので、テストは必須ですねcatface

しかし、厚さは合っていましたので、額に納まりました。 結果OKnotes

 前回、ブログにのせた子カラス。結構反響がありました。ブログを見てくださり、ありがとうございますlovely 

本日の子カラスはこちら→本日の子カラス 

まだ居るしsweat025日目。しかもカメラ目線!

子カラス 「はい、お水。」話、通じるし。。。

帰ったら、巣立ってくれていないかな?と、淡い期待を込めてbleah

記:takahashi.

 

 

 

 

子カラス、ホームステイ中

先週末の大雨の中、飛べなくなった子カラスが一羽、庭で立ちすくんでいました。

激しい雨が続いていたので、パラソルを貸してあげました。

子カラス  

夜になっても飛ぶ様子が無いので、外の物置小屋を開放。

まだ子供でしたので体力が心配。心配するなと声をかけながら餌をあげてみました。

子カラス ホームステイ中 試行錯誤し、薄めた牛乳に浸したパンが食べやすかったみたい。しらすも赤身のお刺身をたたいたりしましたが、まだ噛めないようで、おかあさんから咀嚼した物を食べさせてもらっていらようです。

大分調子ものって上手に食べてくれるようになったので、子供に交代。

子カラス ホームステイ中 娘も上手にあげています。

必ず、声をかけながらゆっくり動くのよ。動物は、正面でなく、横、下からが鉄則danger 親の教えを守り、真剣です。勉強もこれくらい・・・とは申しませんがねcoldsweats01

今朝も、ご飯あげてから仕事に行ってよ!と、念を押されましたsweat01 

人に慣れる前に、お母さんの所に帰って欲しい。今日で、3日目。早く飛べる様になってくれないと、倉庫がフンだらけになってしまうのですcrying  

小屋の扉は、開けっぱなしにしていて、出入り口でお母さんを呼んでいます。

早く飛べますようにweep

記:takahashi.

 

 

 

 

 

 

 

中目黒の宇宙人

中目黒の宇宙人

この間、目黒川沿いを散歩していたら、出会いましたhappy01

飲み屋さんの2階から手を振っていました。夜は青白く光ります。

記:m.morita

 

 

カルガモの親子

ご存知でしたか?カルガモの親子が、こんなに近くにいたとは・・・

カルガモ親子ナ 13羽

南浦和駅から 徒歩10分?細い川沿いを川辺公園に向かって行くと、ひょこっといました可愛らしいヒナheart04  こんな所に 本当にいっぱいいるぅhappy02 

会員さまに教えて頂き、子供と見に行って来ましたnote (今は、六辻方面に移動したらしいです。)

ヒナが、無事に成長できますようにchick

記:takahashi.

 

 

 

カンナ作ってみました

カンナ作り

壊れた傘の骨で『カンナ』作ってみましたhappy01

今回の骨は硬めで切るのに手こずりましたcoldsweats01

皮(?)を剥かれてやってきたのでわかりにくかったですが…

なかなか上等の傘だったのでしょう。

皆さん満足のカンナが出来上がりましたgood

 

記:むらこし

 

 

黒泥土にワラ灰釉薬還元焼成皿

 梅雨に入り、昨日の大雨が嘘のような晴れ間の本日ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

何だか気温差も激しく、体調を崩さないように、どうぞご自愛くださいませ。

 さてさて、先日上がってきました還元の作品で、どうやったらこの色になりますか?

と、問い合わせが多かった作品をご紹介させていただきますpaper

はいっ こちら↓

黒土にワラ灰 RF

いつも白か黒が多いO切さん。黒泥土にワラ灰釉を掛け、還元焼成です。

とても素敵shine ピンクががった色は、黒泥の鉄分とワラ灰が反応してこの色になります。(コマ赤でも可) 還元です!お間違いの無いようにdanger

記:takahashi.

 

 

志野フリーカップ

志野フリーカップ志野フリーカップ2

見事に出来上がってきましたsign03

一旦掛けた釉薬を、掛け直しているのを見ているので、私も嬉しいです。

記:m.morita

 

 

わかるように書く

張り紙

急乾燥を防ぐために、作品を新聞紙で包んだりしますが…

中身が解らないと、動かすときに壊してしまうこともありますので、

薄かったり、尖んがってたり、パーツが出っ張ったり、不安定だったり、etc…

伝えるべき事は『誰が見ても』わかるように書いてくださいねhappy01

 

記:むらこし

 

 

 

還元黄瀬戸釉のマグカップ

黄瀬戸釉は、本来酸化焼成ですが、当教室には、還元焼成用黄瀬戸釉なる「黄瀬戸R」もございますgood

黄瀬戸釉は、ガラス質で黄色の透き通った色ですが、黄瀬戸Rは、マット調で、つや消し透明釉や松灰のような感じです。

還元黄瀬戸釉のマグカップ まぁ、素敵shine

Y本さんの作品。

赤土ベースに残土を混ぜて(恐らく古陶)、素焼き後、呉須と弁柄、黄色絵の具で線を入れているそうです。

釉薬の濃淡で、この表情になります。これがね、ホント 思った通りにいかないもので、やはり経験あるのみですねhappy01

来週13(木)に 酸化焼成決定です!施釉は、どうぞお早めpaper

記:takahashi.