ホーム>今日も一日陶芸三昧>陶芸>皿底をフラットに焼くには。
陶芸

皿底をフラットに焼くには。

板皿やプレート形のお皿を作りたい方、成型後に、ゆっくり乾燥されると思いますが、更に是非重しを。

皿底を平らに焼くには 乾燥中の作品を撮らせていただきましたcamerashine

ラップしているのが、重しの粘土。名前を付けて置くと迷子にならず、安心ですscissors

真ん中に重しを置きます。もちろん、重し粘土も平らにします。重しが重すぎても軽すぎてもなので、こんなんでどう?と、スタッフに聞いてください。そして、新聞をかけ青いケースへ。しばらくは安静に。2日~3日後に、ぐらつきは無いか確認。あれば、調整。を、繰り返して乾燥させていきます。慌てて乾燥させると、反り返ってしまいますdanger

   来週月曜日 16(月)は、休みですsign03 ※来週の月曜日 23も休みです。

記:takahashi.

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.salon-de-flamme.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1446