ホーム>今日も一日陶芸三昧>絵画>幻の睡蓮
絵画

幻の睡蓮

国立西洋美術館 松方コレクション最終日に行って参りました。

空いてるかな?な~んて、そんな訳はありませんでしたcoldsweats01  

睡蓮 

モネの幻の睡蓮、「睡蓮、柳の反映」 デジタル復元にて公開。

2016年にルーブル美術館内で、画布の上半分が失われた状態で発見されたものを

今、修復中だそうです。縦2メートル、横4.25メートルの大作でした!

娘が行きたいというので行きました(笑)、モネやルノワールが好きな娘が、ジョバンニ・セガンティーニという作家の絵が気に入ったheart04(何様なんだかcoldsweats01)との事でした。羊の作品が多い画家さん(私も良く知らない) こういうお気に入りを見つけると、うれしいですねnote 

モネの睡蓮を見て、「手前の睡蓮と奥の睡蓮、色が陰も違うんだね。」

「そうだよ、気がついた?手前は、赤やオレンジが入っていて、ピンクや紫。奥は深い青が入って暗くなっているね。つまり、この絵は何時頃なのかが分かってくるよね」

「ホントだぁ~、面白い」

親子で、こんな楽しいやり取りを月一くらいでやっていますbleah

記:takahashi.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.salon-de-flamme.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1454