ホーム>今日も一日陶芸三昧>陶芸>織部釉
陶芸

織部釉

こんにちは。ブログの方が、ご無沙汰していまして、すみません。上半期決算につき、少々時間に追われているタカハシでございますcoldsweats01 

皆様、いかがお過ごしでしょうか?paper

 本日は、教室の織部釉について。です。

織部釉 流れるので、高台の拭き取りは多めにお願いしますdanger

織部は、幅が広い。一言で織部といっても、色~んな緑がございます。教室の織部は、教室で調合した物を使っています。ですので、お店で見た織部や本に載っている織部・・・織部といっても、それぞれ調合も色味も異なります。どうぞ、ご理解くださいませ。

 そして、濃いとギラギラします。こちらは、酸でキレイになったりもします(限界はありますsweat02)ので、ご相談ください。

「黄瀬戸釉の上に、織部釉を重ね掛けする」というのも、ギラつかず、落ち着いた織部に焼き上がる方法です。

黄瀬戸に織部釉 黄瀬戸2の上に織部釉

dangerこちらも流れますので、多めに釉剥がしをお願いいたします。

記:takahashi.

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.salon-de-flamme.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1482