ホーム>今日も一日陶芸三昧>陶芸>和柄の意味を知る~矢絣~
陶芸

和柄の意味を知る~矢絣~

”和柄シリーズ” ちょっとご無沙汰をしてしましました。多忙でした。すみませんbearing

今回は、「矢絣」をご紹介します。

矢絣 卒業式の袴shine …のイメージでおなじみ

なぜ紫なのかは分かりませんが、どうやら↑矢羽根柄に海老茶色の袴が女性に大流行してから定着したようです。卒業式に、やはり人気の柄でしたね。私は似合わないので、無地でした(ちえっ)coldsweats01 

矢柄は、魔を払う意味がありますが、一度放たれた矢は、戻ってこない。そこから、江戸時代になってからは、お嫁入りの際に矢羽根柄の着物を持たせたそうです。

・・・・・・・・・・「市松」・・・・・・・・・・・

上の女性に対して、今度は男性柄?の市松。

市松

「市松」は、江戸時代に活躍していた歌舞伎役者「佐野川市松(さのがわいちまつ)」が着ていた衣装が大流行し、それから「市松」と呼ばれるようになったそうです。

かなり古くからあり、なんと出土した埴輪の衣装にも使われていたほど。

埴輪の時代は、無地のみと勝手に思っていましたsweat01 

古くは「石畳」、平安からは「霰(あられ)」と言われていたようです。

上下左右に途切れる事の無いことから、永遠、子孫繁栄、発展拡大など縁起の良い模様です。

海外では、チェッカーフラッグとして勝利を意味しています。

いずれにしても、良い柄なんですねnotes 

↑なので、オリンピックにも使われたのかも知れませんね。なるほど~flair

記:takahashi.

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.salon-de-flamme.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1646