ホーム>今日も一日陶芸三昧>2020年11月

2020年11月

流れる飴釉を見せる花器

流れやすい釉薬は教室にも幾つかございますが、その中の一つ、アメ釉をキレイに乗せている作品をご紹介させていただきます。

流れるアメ釉の花器 下は透明釉、上が飴釉。

キズと、長方形の凹みが、アメ釉の流れを受け、単調では無い変化をもたらしてくれています。キズの間に、この長方形が入っているデザイン、個人的に好きhappy01

還元焼成で、薄らピンクが出ていて、それも又素敵ですshine

記:takahashi.

 

小皿たくさん

小皿たくさん

全部で12枚ありましたsign01

色とりどりなので、使う時も楽しそうですhappy01

記:m.morita

和柄の意味を知る~亀甲~

今回は「亀甲」をご紹介します。

亀甲 

亀の甲羅を思わせる正六角形を連ねた模様。六角形の中に他の模様を組み合わせ、アレンジが効く柄です。

長寿の意味が有り、吉祥柄の一つ。

中国の四神(青龍・白虎・朱雀・玄武)の玄武。神の意を伝える能力を持つと言われています。

お正月やおめでたい時に。

※来週11/23(月)は 教室休みです!

記:takahashi.

 

和柄の意味を知る~豆しぼり~

和柄シリーズ、今回は豆絞りです。

豆絞り

豆絞り、元はその名の通り、"絞り”染めでした。全部絞るなんて、手間でしたねwobbly

一粒の豆からたくさんの実がなる事から、子孫繁栄と開業や事業拡大の意味があります。

そして、眼に見える事もあり(鬼が嫌がる豆がいっぱいだからかな?と私は思いますが)魔除け厄除けの意味もあるそうです。

和手ぬぐいでおなじみの豆絞り、なぜお祭りで使う手ぬぐいは豆絞りなのか・・・?

Google先生では、見つける事が出てきませんでした。ご存じの方がいらっしゃいましたら、どうぞ教えてくださいませpaper

記:takahashi.

 

コスモス畑

コスモス畑

この間散歩をしていたら、コスモスがいっぱい咲いている所がありました。

色とりどりで綺麗でしたhappy01

記:m.morita

 

耐熱鍋の釉薬色サンプル

教室でも お鍋を見る様になりました。

鍋土を耐熱粘土に変えてから、底ヒビ割れたsweat01 という声を聞かなくなりました。良かった良かったcatface

お鍋だけでなく、トースターでも使えますので、残土にお困りの方はココットを作ってみてください。卵1つパンと一緒に焼けますよgood

鍋土ココット ←型押しで簡単 (左上/わら灰?・右上/黒釉・下/乳白)

しかし、耐熱粘土にも難点がございます。。。それは、「釉薬の食いつきが悪い」と、いう事。他の粘土と発色が全然変わりますので、どうぞご注意くださいdanger

鍋土白見本  鍋土赤見本

(鍋白土)                (鍋赤土)

 サメ肌/透明肌/白萩/黄瀬戸1

記:takahashi.

 

 

今日の体験陶芸

今日は午前と午後、お二人ずつ体験に来て頂きました。

今日の陶芸体験

午前のお二人の作品ですhappy01

今日の陶芸体験2

こちらは午後のお二人の作品ですheart04

皆さん、初めてとは思えぬ上手さでしたsign03

記:m.morita

 

 

 

 

ひねりが足りません

ロクロで芯出しした白土に縦溝を彫って、

そこに赤土を埋めこんで…(撮り忘れた)

そこから小壺を挽きましたcatface

2020117172132.jpg

乾燥後、表面をひと削り…模様が出てきますhappy01

2020117172158.jpg

が、あらら…捻れてないなcoldsweats02

2020117172226.jpg

ただの『縦縞象眼』になってしまったwobbly

もうちょっと水挽きに手数を掛けるべきでした…残念shock

 

記:むらこし

練り込み お雛様

とても可愛らしいお雛様が焼き上がってきましたshine

練り込みお雛様 前姿  

ピンクと青の顔料と、合わせた紫の3色で制作しています。

練り込みお内裏アップ ←お内裏様の前身頃アップ

チェストの膨らみ、袖の立ち上がり、こだわった分だけ、見栄えもGOODですsign03

練り込みお雛様前身頃 ←お雛様の前身頃アップ

花びら、頑張った証notes  発色が心配だった紫も、ピンクと相性がバッチリでした。

練り込みお雛様 後ろ姿

後ろも抜かりなく。作者のI部さんも大満足の焼き上がりでしたheart04

記:takahashi.

 

アマビヱ

今年人気急上昇の「アマビヱ」様。

いったい何者?という事で、お調べいたしました。

アマビヱ タカハシ画(実在瓦版は、京都大学付属図書館にあります)苦情は受けつかません!本当にこんなやっつけな絵ですからsweat01

この方は、妖怪shineで、予言獣といわれるもの。 (う~ん、なんだそれsweat02

時代は、江戸時代後期。肥後国(熊本県)で、毎夜海に光物有り。役人が調べに出むいた所、人では無い者が出現。

「今年より6年間豊作が続くが、疫病も流行る。私の姿を書き写した絵を人々に見せよ」と予言し、海の中に帰っていった。その者は、アマビヱと名乗った。

アマビヱは、足元まである長髪に、鳥の様なとがったくちばしがあり、体は鱗に覆われ3本の足があった。

と、役人がアマビヱの絵を江戸に提出し、その写しが瓦版として民衆に渡った…

元より珍獣を見る事は除災招福の御利益があり、アマビヱを写した絵はそれ自体が護符となり、疾病除けになる…いう話。

おまけ:アマビヱは、実はアマビコ?

 「アマビコ」という、アマビヱに良く似た妖怪がいまして。

アマビヱは、女性?に対してアマビコは男性?のような姿をしています。

アマビヱは、人魚の様なイメージに対し、アマビコは、猿の様な顔をし、前進毛むくじゃら。顔から足が生えているようで、足は3本であった。と、されています。そして、同じ事を予言しているそうです。

アマビヱは、目撃1回であってが、アマビコは数回あり。アマビコの方情報の方が、2~3年早かった事から、実はアマビコが次第に「アマビヱ」に変化して伝わってしまった。

と、いう落ちみたいです。ごめん、アマビコ~crying

 …プラシーボ効果って事でsign02 見た目も、猿より人魚の方が…ほらね。あははcoldsweats01

明日 11/3(火) は、教室休みですdanger

記:takahashi.