ホーム>今日も一日陶芸三昧>日記・コラム・つぶやき>アマビヱ
日記・コラム・つぶやき

アマビヱ

今年人気急上昇の「アマビヱ」様。

いったい何者?という事で、お調べいたしました。

アマビヱ タカハシ画(実在瓦版は、京都大学付属図書館にあります)苦情は受けつかません!本当にこんなやっつけな絵ですからsweat01

この方は、妖怪shineで、予言獣といわれるもの。 (う~ん、なんだそれsweat02

時代は、江戸時代後期。肥後国(熊本県)で、毎夜海に光物有り。役人が調べに出むいた所、人では無い者が出現。

「今年より6年間豊作が続くが、疫病も流行る。私の姿を書き写した絵を人々に見せよ」と予言し、海の中に帰っていった。その者は、アマビヱと名乗った。

アマビヱは、足元まである長髪に、鳥の様なとがったくちばしがあり、体は鱗に覆われ3本の足があった。

と、役人がアマビヱの絵を江戸に提出し、その写しが瓦版として民衆に渡った…

元より珍獣を見る事は除災招福の御利益があり、アマビヱを写した絵はそれ自体が護符となり、疾病除けになる…いう話。

おまけ:アマビヱは、実はアマビコ?

 「アマビコ」という、アマビヱに良く似た妖怪がいまして。

アマビヱは、女性?に対してアマビコは男性?のような姿をしています。

アマビヱは、人魚の様なイメージに対し、アマビコは、猿の様な顔をし、前進毛むくじゃら。顔から足が生えているようで、足は3本であった。と、されています。そして、同じ事を予言しているそうです。

アマビヱは、目撃1回であってが、アマビコは数回あり。アマビコの方情報の方が、2~3年早かった事から、実はアマビコが次第に「アマビヱ」に変化して伝わってしまった。

と、いう落ちみたいです。ごめん、アマビコ~crying

 …プラシーボ効果って事でsign02 見た目も、猿より人魚の方が…ほらね。あははcoldsweats01

明日 11/3(火) は、教室休みですdanger

記:takahashi.

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.salon-de-flamme.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1654