ホーム>今日も一日陶芸三昧>陶芸>和柄の意味を知る~桜紋~
陶芸

和柄の意味を知る~桜紋~

和柄シリーズ、これでラストとなりました。ラストは、桜紋です。

桜紋

桜は、たくさんの花が芽吹き始める春の象徴。

春は、物事の始めを表し、縁起が良いとされています。

又、桜の木には五穀豊穣の神が宿ると言われ、豊かという意味も持ち合わせています。

今は、花と言えば「桜」ですが、平安時代以前には「梅」が主流だったそうですcherryblossom

記:takahashi.

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.salon-de-flamme.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1686