ホーム>今日も一日陶芸三昧>趣味

趣味

可愛いペア スープマグ

ほっこりと可愛いスープマグが焼けていましたshine

ペアスープマグのサムネイル画像

表と裏と 絵が違う!

ペアのスープマグ N野さんの作品

なんか、コアラにも見えて来ませんか?happy01

釉薬は、鮫肌釉がかかっています。透明よりも、絵具が優しい色になりますねnote

 

還元焼成は、2月4日頃を予定しています。

記:takahashi.

 

わら灰にルリ釉のコーヒーカップ

珍しい組み合わせの作品が上がって参りましたshine

わら灰にルリ釉 カップ&ソーサー わら灰にルリ釉

粘土は、赤土。ですので、わら灰がベージュ色になっています。茶色の部分は、恐らく弁柄。

わら灰にルリ釉 カップ&ソーサー ⬅アップ

わら灰の焼き上がり、たまに この様な結晶が出ます。毎回ではありませんのでお約束はできませんが、比較的濃いと出やすいみたいですsign02 

ルリの上に出たわら灰の結晶と、弁柄がすご~く良いですね。かっこ良い。

早くご本人に見て頂きたいnote のですが、まだいらしていません。

とっても素敵なカップ&ソーサー5客が 作者のY本さんをお待ちしておりますpaper

記:takahashi.

メリー★クリスマス

どうも、メリークリスマスxmas

メリークリスマス

昨日は、どこも浦和駅近辺のケーキ屋さんに長蛇の列がsign03

みんなケーキを食べるのね。いやぁ~、スゴい経済効果ですcakeshine

本日教室は、久しぶりに賑わいましたhappy01 

教室は、28日 月曜日まで。床も消毒して 皆様をお迎えしています。

森田先生勤務、最終日です。長い間、ありがとうございましたpaper

記:takahashi.

 

 

和柄の意味を知る~桜紋~

和柄シリーズ、これでラストとなりました。ラストは、桜紋です。

桜紋

桜は、たくさんの花が芽吹き始める春の象徴。

春は、物事の始めを表し、縁起が良いとされています。

又、桜の木には五穀豊穣の神が宿ると言われ、豊かという意味も持ち合わせています。

今は、花と言えば「桜」ですが、平安時代以前には「梅」が主流だったそうですcherryblossom

記:takahashi.

 

 

和柄の意味を知る~雪花文~

めっきり寒くなり、カイロの出番がやって来ましたが、皆様、いかがお過ごしでしょうか?

さてさて今回ご紹介するのは、『雪花文』です。

つまりは、雪の結晶柄。

雪花文 

雪を花に見立てて名付けられた文様。江戸時代後期に雪の結晶が観察され、いろんな模様が作られる様に。それまでは(平安から)6角形である事は知られていたそう。それも、スゴいsign03

雪は、『白く清らかでめでたい』という意味合いがあります。

雪景色、キレイですものねshine

今年最後の窯出し作品は、22(火)です。フラムには、午後3時頃に届く予定です。

記:takahashi.

 

和柄の意味を知る~麻~

和柄シリーズ、今回は「麻の葉」です。

麻の葉

麻の葉をモチーフにした六角形の幾何学模様。なんと、平安時代から使われていたそうです!

麻は、とても成長が早く、4ヶ月で4mも伸びると言われていますsign03 真っ直ぐすくすくと丈夫に育つ様、子供の産着などに使われていました。

又、邪気を払う三角形を集めてできている六角形は、更に強い力があるとされています。

へぇ~じゃあ、安産や学童お守りは、六角形で作れば良いのになshine

和柄シリーズ、後2回。なんとか、年内にご紹介出来そう?です。


年内、本焼きは 『還元』のみになりそうです。(作品の集まりがあまり無い為)

出来ましたら 17(木)か18(金)…集まり次第窯焚きします。

いつ!と、言い切れませんsweat01 ですので、どうぞお早めの施釉をお薦めします。

記:takahashi.

 

  

 

猫小皿

近年猫好きが増え、当教室でも例外は無く、猫作品を多く拝見しますcat にゃあ~

そういう私は、犬を飼って(飼わせていただいているcoldsweats01)おりますが、猫も好物heart01 子供時代は猫もおりました。

 家族の半分が猫アレルギーでして、今は保護はしても我が子としてお迎えできませんsweat02

ですので、皆さんの猫談義や作品で楽しませていただいております。ありがたやぁnote

 先週、Y田さんの可愛い作品が上がってきました↓

猫小皿 土を盛って、膨らみを出しています。

猫小皿 顔アップ(呉須で着色)

なんだ~ぁ この表情、カワイイっhappy02 

モデルは、飼い猫の元保護猫ちゃん。保護された2匹共に迎えられた、シンデレラツインズですshine 

記:takahashi.

 

 

大皿和紙染椿文様

和紙染めの大皿、椿の文様の素敵な作品が焼き上がりましたshine

和紙染め大皿椿 和紙染め大皿椿

周りのピンク色が とっても上品。

還元ですので、色味の変化計算はできません。が、こんなにジャストな場所にキレイに発色がでてくれるなんて、そうそうありませんよ!! 今年は良い事ありそうですねflair

て・・・もうすぐ今年は終わりますね。あ、来年、来年にね。きっと良い年になりますよ~good

 実は、S木さん、これが初めての和紙染め。

和紙染めって和紙を使わないといけない。な~んて、決まりはございません!

まずは、教室にあります『クッキングペーパー』をどうぞ使ってみてください。扱いやすいし、キレイにでしょ?↑

和紙を使うのは、慣れてからで構いません。(近年お高くなりましたから)

クッキングペーパーは、キッチンペーパーとは異なります。少し厚みのあるフェルトの様な物です。キッチンペーパーは、デコボコしていてエンボス加工のある薄地の物。

間違いやすいので、どうぞ教室にある物を試し使っていただいて構いません。

この素敵な大皿は、お正月に活躍間違いなしfuji

記:takahashi. 

流れる飴釉を見せる花器

流れやすい釉薬は教室にも幾つかございますが、その中の一つ、アメ釉をキレイに乗せている作品をご紹介させていただきます。

流れるアメ釉の花器 下は透明釉、上が飴釉。

キズと、長方形の凹みが、アメ釉の流れを受け、単調では無い変化をもたらしてくれています。キズの間に、この長方形が入っているデザイン、個人的に好きhappy01

還元焼成で、薄らピンクが出ていて、それも又素敵ですshine

記:takahashi.

 

和柄の意味を知る~亀甲~

今回は「亀甲」をご紹介します。

亀甲 

亀の甲羅を思わせる正六角形を連ねた模様。六角形の中に他の模様を組み合わせ、アレンジが効く柄です。

長寿の意味が有り、吉祥柄の一つ。

中国の四神(青龍・白虎・朱雀・玄武)の玄武。神の意を伝える能力を持つと言われています。

お正月やおめでたい時に。

※来週11/23(月)は 教室休みです!

記:takahashi.