ホーム>今日も一日陶芸三昧

今日も一日陶芸三昧

今年も土鍋の季節がやって来ました

黒の土鍋黒の土鍋2

まずは、ご飯を炊く用の深めの土鍋です。素焼きから意外と小さくなって、高さ17㎝、幅21㎝の大きさになりました。

黒の土鍋3黒の土鍋4

こちらは、1人用の浅型のお鍋です。持ち手も入れて、高さ10㎝、幅21㎝です。

どちらも使いやすそうですhappy01

記:m.morita

ボタンもです

T さんの『陶アクセサリー』見せてもらったら、

アクセサリー

袖とエプロンのボタンもじゃないですかhappy01

陶ボタン

いままで結構たくさん焼きましたが…

服に使ってるところ初めて見たかもsmile

キレイだし、楽しいですねgood

 

記:むらこし

天然土灰釉の還元作品

天然土灰釉 還元焼成の作品をご紹介します。

天然土釉赤土と白土

土が違うと 同じ釉でも発色が違います。比べるのに分かりやすいhappy01  

天然土釉 ←赤土(ちょっと光が当たって明るくみえています。上の画像が本当。黄瀬戸1釉に近い発色になります) 

 天然土灰釉 ←白土(優しい黄色。黄瀬戸2釉をホンワカさせた感じcoldsweats01

どちらも 口の彫りと、手びねりらしさ、形、釉薬の良いところ取りの 素敵な作品ですnote

M田さんの作品でした。次回は、もっと大作に挑まれますshine

記:takahashi.

 

色々なやり方

 U さんの絵付け。変わったやり方実験confident

生作品に撥水剤を塗って→その上から針で引っ掻いて→

彫り跡に絵の具をさしていくと…線にだけ色が残るっていう絵付けpen

20202519448.jpg

素焼き(撥水剤も飛ぶ)のあと、透明釉を掛けて本焼きしたのがコチラ。

筆とは違う細い線が、キレイに出ましたねhappy01

 

記:むらこし

節分

昨日は、節分の日でしたが、皆さま」のお宅はやりましたか?

最近、近所では声を聞かなくなりました。

勿論、昭和な我が家は、欠かさずにやりますbleah

節分

今は、大豆が小分けになって助かります。

今週は、酸化窯がありますpaper

記:takahashi.

五つのコーヒーカップ

コーヒーカップ五客コーヒーカップ五客2

まだ素焼きの前の段階ですが、同じ形のコーヒーカップを五個作っています。

少し大きめのサイズで、コーヒーがたくさん飲めそうです。

記:m.morita

 

 

 

ねこたま

 U さんネコを量産中、カワイイですcat

ねこ玉

年末に作った『ネコ鈴』が好評だったそうで、追加ですhappy01

ただ『鈴』の機能は要らないそうで…今回は『ネコ玉』smile

 

記:むらこし

 

難しいんです

 S さんの『ワイングラス』削り終わりましたwine

これは一個挽きで作りました。バランス良いですねgood

ワイングラス

本体と脚を分けて作るのと、どちらがイイか?

と聞かれる事がありますが…好みの分かれるところbearing

「両方やってみて下さい」と答えるしかないかなぁcoldsweats01

 

記:むらこし

複雑ですな

N さん、コーヒーカップの絵付け中art

掻き落とし

お花の絵自体も細かいですが…この掻き落としは、

下にオレンジ絵の具を塗って→重ね塗りで黒の絵の具をのせて

→その黒だけを掻き落として→結果的オレンジの線が出る。

って手間の掛かる事をしてますcoldsweats02

何時間も掛かってますが、もう一息です。がんばれhappy01

 

記:むらこし

絵付けした鉢

飾り皿飾り皿2

いつも、ひとつひとつ丁寧な仕上げをしていて、感心しています。

今回も華やかなお皿が出来上がりました。

左は20センチ位の大きさの鉢で、右は小鉢です。

記:m.morita