ホーム>今日も一日陶芸三昧

今日も一日陶芸三昧

看板ウシ

Nさんの『干支の陶板』8枚目(八年目)catface

写真だとわかりにくいのですが…チョコレート色です。

真ん中のウシは浮き彫りtaurus 周りのお花は掻き落としの線描きcute

苦労の甲斐あって、キレイに焼き上がりましたgood

ウシ/プレート

このまま お店の看板になりそうですねhappy01

 

記:むらこし

 

 

 

 

 

和柄の意味を知る~雪花文~

めっきり寒くなり、カイロの出番がやって来ましたが、皆様、いかがお過ごしでしょうか?

さてさて今回ご紹介するのは、『雪花文』です。

つまりは、雪の結晶柄。

雪花文 

雪を花に見立てて名付けられた文様。江戸時代後期に雪の結晶が観察され、いろんな模様が作られる様に。それまでは(平安から)6角形である事は知られていたそう。それも、スゴいsign03

雪は、『白く清らかでめでたい』という意味合いがあります。

雪景色、キレイですものねshine

今年最後の窯出し作品は、22(火)です。フラムには、午後3時頃に届く予定です。

記:takahashi.

 

今年最後の...

予定通りに『還元窯』詰めることが出来ましたhappy01

釉掛けのご協力ありがとうございますconfident

還元窯詰め

今から火入れ…今日は夜鍋です。寒そうだbearing

窯出しは12/22日ですgood

和柄の意味を知る~麻~

和柄シリーズ、今回は「麻の葉」です。

麻の葉

麻の葉をモチーフにした六角形の幾何学模様。なんと、平安時代から使われていたそうです!

麻は、とても成長が早く、4ヶ月で4mも伸びると言われていますsign03 真っ直ぐすくすくと丈夫に育つ様、子供の産着などに使われていました。

又、邪気を払う三角形を集めてできている六角形は、更に強い力があるとされています。

へぇ~じゃあ、安産や学童お守りは、六角形で作れば良いのになshine

和柄シリーズ、後2回。なんとか、年内にご紹介出来そう?です。


年内、本焼きは 『還元』のみになりそうです。(作品の集まりがあまり無い為)

出来ましたら 17(木)か18(金)…集まり次第窯焚きします。

いつ!と、言い切れませんsweat01 ですので、どうぞお早めの施釉をお薦めします。

記:takahashi.

 

  

 

お茶の美味しい季節になりました

マグカップマグカップ2

お二方の作品です。

どちらも白地にポイントでスッキリと模様が入っていて、とても使いやすそうですshine

記:m.morita

 

結晶格子

Kさんの不思議な作品…なんですかね?

化学か物理かで習ったアレかしらcoldsweats01

27balls

小さい玉が27個、ピッチリくっついてますfull

あまり見かけないキラキラ具合shine程よいズッシリ感good

良い方角に置くと効きそうだsmile

 

記:むらこし

 

猫小皿

近年猫好きが増え、当教室でも例外は無く、猫作品を多く拝見しますcat にゃあ~

そういう私は、犬を飼って(飼わせていただいているcoldsweats01)おりますが、猫も好物heart01 子供時代は猫もおりました。

 家族の半分が猫アレルギーでして、今は保護はしても我が子としてお迎えできませんsweat02

ですので、皆さんの猫談義や作品で楽しませていただいております。ありがたやぁnote

 先週、Y田さんの可愛い作品が上がってきました↓

猫小皿 土を盛って、膨らみを出しています。

猫小皿 顔アップ(呉須で着色)

なんだ~ぁ この表情、カワイイっhappy02 

モデルは、飼い猫の元保護猫ちゃん。保護された2匹共に迎えられた、シンデレラツインズですshine 

記:takahashi.

 

 

下絵具テストピース

下絵テストピース

いつも作品に素敵な模様を描かれています。

今回は、素焼きの欠片で色見本を作られましたshine

可愛いアクセサリーとしても使えそうですhappy01

記:m.morita

 

組み合わせの妙

Tさんの『アメ釉カップ&ソーサー』焼きあがりましたhappy01

アメ釉カップ

キラキラ感は抑えめ…渋く仕上がりましたgood

口縁に白マット釉を掛けた上に全体・アメ釉だそうです。

面白い色・質感になるんですねcatface…今度やってみよsmile

 

記:むらこし

大皿和紙染椿文様

和紙染めの大皿、椿の文様の素敵な作品が焼き上がりましたshine

和紙染め大皿椿 和紙染め大皿椿

周りのピンク色が とっても上品。

還元ですので、色味の変化計算はできません。が、こんなにジャストな場所にキレイに発色がでてくれるなんて、そうそうありませんよ!! 今年は良い事ありそうですねflair

て・・・もうすぐ今年は終わりますね。あ、来年、来年にね。きっと良い年になりますよ~good

 実は、S木さん、これが初めての和紙染め。

和紙染めって和紙を使わないといけない。な~んて、決まりはございません!

まずは、教室にあります『クッキングペーパー』をどうぞ使ってみてください。扱いやすいし、キレイにでしょ?↑

和紙を使うのは、慣れてからで構いません。(近年お高くなりましたから)

クッキングペーパーは、キッチンペーパーとは異なります。少し厚みのあるフェルトの様な物です。キッチンペーパーは、デコボコしていてエンボス加工のある薄地の物。

間違いやすいので、どうぞ教室にある物を試し使っていただいて構いません。

この素敵な大皿は、お正月に活躍間違いなしfuji

記:takahashi.