ホーム>今日も一日陶芸三昧

今日も一日陶芸三昧

還元黄瀬戸釉のマグカップ

黄瀬戸釉は、本来酸化焼成ですが、当教室には、還元焼成用黄瀬戸釉なる「黄瀬戸R」もございますgood

黄瀬戸釉は、ガラス質で黄色の透き通った色ですが、黄瀬戸Rは、マット調で、つや消し透明釉や松灰のような感じです。

還元黄瀬戸釉のマグカップ まぁ、素敵shine

Y本さんの作品。

赤土ベースに残土を混ぜて(恐らく古陶)、素焼き後、呉須と弁柄、黄色絵の具で線を入れているそうです。

釉薬の濃淡で、この表情になります。これがね、ホント 思った通りにいかないもので、やはり経験あるのみですねhappy01

来週13(木)に 酸化焼成決定です!施釉は、どうぞお早めpaper

記:takahashi.

 

 

 

黄瀬戸釉

びわ

Yさんが、お庭のびわを何と枝ごと持ってきてくださいましたsign03

びわ 葉の葉脈が、とても立派ですnote

葉が欲しい方は、どうぞいただいてください。

記:takahashi. 

 

こんな風に出来上がりました

練り込み皿練り込み皿2

以前ご紹介した練り込みのお皿ですが、こんな風に出来上がりましたshine

透明釉を掛けています。

全部違う模様なので、見てて楽しいです。

記:m.morita

 

皿に、細かい作業中

細かい細工の作品 

おぉ~、きっちりと下書きをし、

お皿に、細かい細工を施しています。

カンナで削っていくのですが、Mさんが腱鞘炎にならないよう、カンナにタオルを巻いています。長時間の作業する場合、握りやすくしておくと、少しは増しですよpaper

たまに、肩のストレッチをしてくださいね。

記:takahashi.

 

 

狙ってヒビ

wさん、タタラを貼り合わせて四角い花瓶を作ります。

2019530194739.JPG

表板…伸した板の『ここ』だけに狙ってヒビを入れるために、

部分的にプライマルを塗って、乾かして、さらにひと伸ばし。

思ったよりもキレイにヒビがでましたhappy01

なんでも試さないと解らないものですねconfident

 

記:むらこし

トンチンカン

2019529201455.JPG

会員さんに『こんなで、あんなで、そうで…』と

説明された(けど…よくわからない)道具を作ってみようと、

釘をガンガン叩いて、刃にするための板にしました。

明日、グラインダで形を整えてからグリップ付けようと思います。

なかなか楽しい作業ですsmile 上手くいきますようにconfident

 

記:むらこし

第32回作品展作品

お待たせしました!

第32回合同作品展 作品アップいたしましたshine

Works 陶芸作品 よりご覧いただけますpaper

人間国宝 参考作品 人間国宝 参考作品

(奥)辰砂釉花瓶・・・河井寛次郎 (左)練上嘯裂文壷・・・松井康成

(右)黒釉錆流描皿・・・濱田庄司 (前)木の葉沙羅・・・北大路魯山人

記:takahashi.

思った通りにできました

ウサギの湯飲みウサギの湯飲み2

かわいいペアのお湯のみです。

土の色を少し黄色にしたいということで、並こしの土に少し萩土を混ぜてみました。

表と裏で違うイラストも可愛らしいです。

記:m.morita

 

 

とっくり

Sさん、徳利の練習bottle

2019523195916.JPG2019523195949.JPG201952320019.JPG

細く高く挽きあげて、閉じてしまう前に厚さを整えて…

と作ったはずでしたが、下半分は分厚くなってしまいましたwobbly

閉じるときに、上から押し込まないように気を付けましょうconfident