ホーム>今日も一日陶芸三昧

今日も一日陶芸三昧

織部の植木鉢

織部の植木鉢織部

いつも作っている物よりも少し大きめの植木鉢です。長い方で20センチ程あります。

お家には植木が100鉢以上あるそうで、この鉢には何を植えられるんでしょうか?

記:m.morita

 

 

2019・亥

2018121519335.JPG

Nさんの『亥年』プレート。

細かい絵付けと筆と霧吹きでの掛け分け。

苦労のかいあって、キレイに出来上がりましたhappy01

干支シリーズはこれで6枚目。目指せ十二支コンプリートhappy02

 

記:むらこし

黒マット釉に白マット釉の茶香炉

釉薬の掛け分けも、順番によって変わります。

こちらは、M本さんの茶香炉shine

黒マットに白マット釉の茶香炉

黒マット釉の上に、白マット釉を掛き分け。

重なったところが、黄土色です。

渋くて良い感じnote

年内のラストの還元焼成は、20(木)。締め切りは、18(火)です。

おまけで、22(土)電気窯を焚くことになりました~! ありがとう村越先生happy01

締め切りは、20(木)。こちらで、窯は年内終了となりますpaper

記:takahashi.

 

 

削り終わって...

20181212195618.JPG

Aさん『ポテッ』としたカップに挑戦中。

四つ作ってみましたが…削り終わったらみな違うcoldsweats01

右から2番目が望みの形なので、次はこれに合わせて再挑戦。

挽く時は、内側の形を合わせましょうconfident

 

記:むらこし

 

 

シンプルな平皿

シンプルな平皿シンプルな平皿2

形がきれいな平皿です。

模様のラインをフリーハンドで描いているので、とっても温かい感じがします。

写真ではわかりずらいですが、深いグリーンの色です。

記:m.morita

 

 

急須の釉掛け

201812520440.JPG

Tさん、先延ばしにしてた急須の釉掛けです。

備前土のと、赤土+黒土のは、松灰釉を薄く吹き付け。

特練土のは、黄瀬戸を掛けます。

なんでも釉選びと釉掛けは、悩みます…失敗怖いし。

特に急須のような手間のかかった作品は、緊張しますね。

キレイに焼けますようにconfident

イルミネーション

子供の友人が泊りに来たので、原宿食べ歩き→表参道イルミネーションを見に行こうnote

と、いう事で苦手な電車に乗って行って参りましたsweat01 

イルミネーション さすがにキレイshine

〇0年前の学生時代は、渋谷でバイトをし、表参道も一人で歩いていたのに・・・

迷子にならず、良かったcoldsweats01 

子供達は、大喜びでしたheart04

年内、後一回ずつの本焼き、12/13(酸化) 12/20(還元) 焼成予定です。

お早目に 釉薬お願いします~paper

記:takahashi.

 

 

白いタタラ皿

秋刀魚皿秋刀魚皿2

長さ30センチ程のお皿です。歪みもなく真っ直ぐに出来上がりました。

模様の青色を薄っすらとさせたいとの事でしたので、絵の具の上に乳白釉を掛けてみました。

お隣は、揃いの小皿です。

それから、この間かわいい差し入れを頂きました。白いタタラ皿

ごちそうさまです。

記:m.morita

 

 

土と釉の組み合わせ

2018121204433.JPG

Tさんの中鉢セット、苦労の末…4つ形は出来ました。

黒泥土にルリ釉を掛けて、口にアメ釉をのせました。

定番同士の「土・釉・釉」組み合わせですが、あんまり見ませんね。

どうなるか楽しみですhappy01

 

記:むらこし

 

カトラリーレスト

2018112919435.JPG

Aさん、頼まれモノの『カトラリー置き』を思案中catface

爪楊枝まで置けて、しかもリバーシブルにして欲しい…との事

なかなか難しい注文ですねぇcoldsweats01 頑張ってくださいね。

 

    記:むらこし